ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露特務部隊 ロシア人捕虜を虐待のウクライナ人を捕らえる

© Sputnik / Ilia Pitalev / フォトバンクに移行軍人
軍人 - Sputnik 日本, 1920, 30.03.2022
ロシア特殊部隊の兵士らが、ロシア兵捕虜の拷問に関与したウクライナの民族主義者を捕らえた。ロシア下院(国家議会)、市民社会発展・公共・宗教団体委員会のウラジミール・シャマノフ副委員長は、円卓会議「21世紀におけるナチズムとファシズムのイデオロギーに対抗する世界の伝統宗教」の席上、こう述べた。リアノーヴォスチ通信が報じた。
一方、ロシア国防省は、捕虜の拷問に関与した者は全員、厳罰に処されると表明した。ロシア捜査委員会のアレクサンドル・バストリキン長官は、事件のあらゆる状況を解明し、証拠を収集するよう命じた。また、国連も事件の調査を呼びかけている。
数日前ネット上に、ウクライナの民族主義者が捕虜のロシア人を虐待する映像が公開され、世論に大きな動揺を呼んだ。特に、軍人が足を撃たれ、医療支援も受けずに放置される場面は波紋を呼んだ。映像が撮影されたのは、ハリコフ近郊の民族主義者の基地の一つとされている。
これよりも前、ウクライナの医師がロシア人捕虜の去勢を行うよう呼びかけ、世界的に非難を浴びるという出来事が起きた。

ウクライナにおける特殊作戦

プーチン大統領は2月21日、テレビで国民に演説した中で、ルガンスク人民共和国およびドネツク人民共和国の主権の即時承認が必要とし、それに関する大統領令に署名するとともに、両共和国における平和維持を保証するよう命じた。プーチン大統領はこうした決定をとった理由について、流血、暴力、無法の道に踏み出した人々はドンバスの紛争解決に軍事的な方法以外は認めないからだと説明している。両共和国の指導部からプーチン大統領に独立の承認要請がかけられた。
その後、プーチン大統領は国民向けの演説でドンバスにおける特殊作戦の実施を宣言し、ロシアの計画に入っているのはウクライナの占領ではなく、同国の軍事ポテンシャルの無効化とナチス化の阻止だと明言した。
ロシア国防省は、ロシア軍はウクライナの民間施設には攻撃しておらず、標的にしているのは軍事インフラのみで、一般市民には脅威を与えていない発表した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала