新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

金星の大気圏に居住可能な空間を構築? NASAが斬新なアイデアを提案

© 写真 : JAXA/ISAS/DARTS/Damia Bouic金星
金星 - Sputnik 日本, 1920, 31.03.2022
金星と地球には類似点があることから、金星に人類を移住することに関する研究が長年行われている。この研究分野において米航空宇宙局(NASA)の専門家が今回、金星の大気圏に人類が居住可能な空間を構築することを提案している。この論文は、プレプリントを含む論文を公開するサイト「arXiv」に投稿されている。
NASAの専門家であるアレックス・ハウ氏は、金星を人類にとって居住可能なものにするための新しいアプローチを提案している。それは、金星の大気圏上層に居住可能なプラットフォームを構築しようという斬新なアイデアだ。
金星の質量や重力は地球とほぼ同じなため、金星での生活環境形成について研究がすすめられているが、金星には地球と大きく異なる点もある。それは金星の表面温度は非常に熱く、赤道付近の温度は500度にも上るという点だ。そのため、金星の地表で人類の生活環境を形成することは非常に難しい。
金星 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2021
ロシアと米国 合同金星探査ミッションに合意
そこでハウ氏は今回、窒素あるいは窒素と酸素の混合物で満たされた空間を金星の大気圏上層に構築し、そこに人類が生活するという「人工地表型プラットフォーム」を提案している。同氏によると、このプラットフォームは金星に存在する資源で構築でき、地球から多くの物質を運ぶ必要はないという。
同氏によると、このアプローチは最良のものであり、プラットフォームは最短で200年で構築できる。また、資源コストについても今まで発表された案よりもかなり低く抑えることができると指摘している。
関連ニュース
太陽探査機「ソーラー・オービター」が金星近傍を通過 水星探査機「ベピ・コロンボ」も間もなく通過
金星は「ロシアの惑星」 ソ連の研究者らによる金星研究の歴史
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала