中国 vs 台湾 パワーバランスは?

© AP Photo / Kin Cheung中国 vs 台湾 パワーバランスは?
中国 vs 台湾 パワーバランスは? - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
台湾をめぐる情勢で緊張が高まっている。ウクライナでの特別作戦(あるいは、ウクライナ危機)を受け、中国が武力で台湾を併合する懸念が急激に増大した。

台湾の懸念

台湾が戦争の可能性に対して深刻な懸念を持ち始めたことを示す最初の兆候は、18種類の兵器、特にミサイルの増産決定である。これには、巡航ミサイル「Hsiung Feng IIE」の改良型で射程600〜2000kmの巡航ミサイル「Hsiung Sheng」も含まれる。このミサイルを台湾西岸から発射すれば、北西は北京、西は成都にまで届く。2026年までに100基生産される計画だ。比較のために言うと、2012年以降に生産された旧型ミサイルは245基である。
また、各種ミサイルの生産能力を倍増させる計画もある。台湾の年間生産数は207基に達しており、今後は年間497基まで増やす計画だ。新しいミサイル工場も34件建設されている。年間48機の無人戦闘攻撃機を生産する計画もある。
台湾の軍事予算は3400億台湾ドル(86億米ドル)増額されており、このうち64%がミサイル生産に割り当てられている。
これは、台湾政府が非常に深刻な懸念を持ち、熱にうかされたように軍備を進めていると言えるだろう。

パワーバランス

中国と台湾の戦力バランスを評価するには、兵力数と軍備の比較表を見ればよい。
© Sputnik中国と台湾の兵力数と軍備
中国と台湾の兵力数と軍備 - Sputnik 日本, 1920, 01.04.2022
中国と台湾の兵力数と軍備
さらに、台湾軍は長さ394km、幅140kmの島に位置しているため、機動の自由がなく、相対的に安全な後方も持たないことは指摘すべきだろう。また、島は海と空から隔離することもできる。これは台湾軍を撃破する重要な条件である。

同盟国は助けてくれるのか?

長い間、台湾の安全保障は、武力衝突の際に米国や地域内の米国の同盟国から支援を受けることを前提にしていた。
しかし、ウクライナ危機は、その期待に大きな修正をもたらした。米国は、これまでのレトリックとは裏腹に、ウクライナを支援する用意がないことが判明したのだ。核兵器保有国との軍事衝突に巻き込まれれば、米国にとって深刻な損害となるからだ。ロシアは6375発の核弾頭を保有しており、そのうち1447発はミサイルに装備され、発射可能な状態にある。発射準備の整った核弾頭の核出力は合計で約800メガトンである。
核攻撃にはいくつかの選択肢があるが、エネルギー施設に対する核攻撃が最も有利である。ミサイル防衛システムがないため破壊しやすく、さらにエネルギー施設の破壊は敵の経済や軍事力に長期的な損害を与える。
米国には、1926のガス火力発電所、284の石炭火力発電所、56の原子力発電所、135の大型製油所、60の港湾石油ターミナルがある。最初に製油所と石油ターミナルを核攻撃で破壊し、配備された残りの弾頭で最大級の発電所を攻撃すれば、米国はすべての石油精製能力(2018年のデータでは石油製品9億2650万トン)と、約492GWの発電容量、つまり発電量の41%を失う。米国にとってここまで莫大な経済的損害を払う価値がウクライナにないことは明らかであり、したがって、米国とNATOによるウクライナ危機への直接的な軍事介入はありえない。
台湾も同じような状況である。しかし、想定される台湾危機への米国の不参加をあてにできるほどの破壊的な核攻撃を中国がアメリカに行えるのかという疑問が生じる。
中国の核戦力は、中国が情報を公表していないことから、評価が困難だ。今ある評価はすべて、専門家が状況証拠に基づいて行ったものである。
米国防総省によると、中国が保有する核弾頭は350発。中国は2030年までに1000発の核弾頭を保有すると想定される。一方で、別の見方もある。工場の生産能力を評価したところ、中国は2011年にすでに兵器用ウランを40トン、兵器用プルトニウムを10トン保有しており、これは核弾頭3600個分に相当する。
また、中国は大陸間弾道ミサイル(ICBM)をそれほど多く保有していなかった。2010年の各種ICBMの保有数は106基だった。仮にミサイルの搭載弾頭数が平均3発だとすると、318発の弾頭が装備されていることになる。これなら米国の製油所を破壊することは可能だ。2021年にはICBM「東風-41」の発射用サイロ330基の建設が始まったという情報もある。ミサイルにはそれぞれ10〜12発の核弾頭を搭載できるため、合計3330〜3960発の核弾頭が装備される可能性がある。そうなれば、中国は米国経済を崩壊させられる。もしこれが事実なら、台湾は米国の援助をあてにすることはできない。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала