ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ情勢は「米国の覇権を葬る」触媒になる=中国メディア

© AP Photo / Efrem Lukatskyウクライナ軍
ウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 02.04.2022
ロシアによるウクライナでの軍事作戦は、米国の覇権を「葬り去る」ためと、世界におけるドルの支配が終焉するための触媒になる可能性がある。中国共産党機関紙「環球時報」がこのように報じている。
同紙の記事を執筆した著者は、米政権はこの対立を利用してロシア政府を弱体化させ、経済的・政治的に優位に立ち、欧州の戦略的自立を阻む障害をつくりだそうと計画していたとみている。しかし、対露制裁の導入は多くの国連加盟国から支持されず、米国に「打撃を与えている」と著者は指摘している。
露中の首脳 - Sputnik 日本, 1920, 02.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ情勢は中国とロシアの貿易関係に影響しない=中国外務省
記事では、「米国が世界情勢を左右する時代は終わった。ドルの覇権をはじめ、米国優位のさまざまな制度的取り決めは、必然的に終焉を迎えつつある」と述べられている。
同紙の取材に応じた上海の復旦大学のシェン・イ教授も、将来的には米国は中国とロシアに同時に対処しなければならなくなるだろうと推測している。
関連ニュース
ラブロフ外相と王毅外交部長 ロシアと中国は戦略的パートナーシップの強化を継続
「こうした予想をどう考えますか?」  米国はロシアの次に中国を標的にし、それが核爆発をもたらす=メドヴェージェフ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала