副鼻腔炎に苦しむ米国人女性 手術で頭蓋骨が半分に

© 写真 : Screenshot: TikTok /natasha_gunther副鼻腔炎に苦しむ米国人女性 手術で頭蓋骨が半分に
副鼻腔炎に苦しむ米国人女性 手術で頭蓋骨が半分に - Sputnik 日本, 1920, 03.04.2022
副鼻腔炎を患っていたある米国人女性が病院で検査を受けたところ、頭蓋骨のすぐ下に腫瘤(はれもの、こぶ)が見つかった。そこで腫瘤を取り除くべく手術を受けた結果、女性の頭蓋骨は半分になってしまった。
米サンフランシスコ在住のナターシャ・ガンダーさん(25)は、少なくとも年に1回は副鼻腔炎に悩まされていた。しかしガンダーさんは格闘技の子ども向けクラスのインストラクターとして働いているため、子どもたちから定期的に感染していたという。
しかし2021年、ガンダーさんは副鼻腔炎に5、6回感染した。11月末に抗生物質を処方してもらったにもかかわらず回復せず、それどころか病状は悪化して激しい頭痛と嘔吐になやまされ、最終的には病院に搬送されてしまった。
ガンダーさんが精密検査を受けたところ、右側の頭蓋骨のすぐ下に腫瘤があり、それが脳を圧迫していることが分かった。副鼻腔から頭蓋骨と脳の間にかけて感染し、膿の塊が形成されていたのだ。この膿の塊を取り除くため、ガンダーさんは頭蓋骨に14cmの穴を開ける手術を受けた。医師によると、ガンダーさんは手術を受けなければ1週間以内に亡くなっていたという。
ガンダーさんの頭の形は、手術で頭蓋骨を取ったことから以前とは異なっている。しかし彼女は、ありのままの自分の姿を陽気かつユーモラスにtiktokに投稿している
@natasha_gunther Sometimes all you can do is laugh right? 😩🤌🏼 #imoutherelivingtho #brainsurgery #brainsurgerysurvivor #greenscreen #ITriedItIPrimedIt #fyp #nickiminaj ♬ Protect Nicki Minaj - Demin
ガンダーさんは1ヶ月後に頭蓋骨の修復するための手術を受ける予定。ガンダーさんは「鼻づまり、副鼻腔や額を重苦しく感じたり、頭を傾けたときの痛みなどの症状が治まらない場合は、必ず専門医の診察を受けるべき」と語っている。
関連ニュース
ウォーターパークで負傷した女性、身長が10センチ縮む
研究者が新しい失語症の形態を発見 脳腫瘍切除後に発生
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала