新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

オウムの寿命が長い理由が明らかに

© Sputnik / Vladimir Vyatkin / フォトバンクに移行オウム(アーカイブ写真)
オウム(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 03.04.2022
マックス・プランク協会(ドイツ)の学者たちは、コンゴウインコやコバタンなどのインコやオウムの平均寿命が最長30年と非常に長いのは、より発達した認知能力に寄与する相対的に大きな脳のサイズがその理由であることを明かにした。研究結果がProceedings of the Royal Society B: Biological Sciences誌に掲載された。
研究で学者らは13万羽以上のオウムやインコのデータを分析し、2つの仮説を立てた。
1つ目の仮説によると、比較的大きな脳は寿命を延ばす。認知能力がより発達した鳥は、野生で生き残る可能性が高いということになる。2つ目の仮説は、比較的大きな脳は成長により時間がかかるため、より長い寿命を必要とするというもの。
インコ - Sputnik 日本, 1920, 23.12.2021
豪州 酔っ払いインコが町を襲撃
その後、学者たちはシミュレーションを行い、脳のサイズが大きくなると、認知能力の向上によって、オウムやインコの寿命が延びることを明らかにした。
関連記事
毎日の習慣が長寿のカギ:寿命を延ばす3つのファクター
永遠の命:神話か現実か 研究チームが人間の寿命の限界を計算
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала