ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

岸田首相 対ロシア追加制裁検討 ウクライナ民間人多数遺体発見を受け

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
民間人に危害を加えることは国際法違反であり、日本は国際社会とともにそのような行動を非難しなければならない。日本の岸田首相が、ウクライナ・キエフ州ブチャ市における民間人殺害の報道についてコメントした。
岸田首相はまた、対ロシア追加制裁を発動するかどうかは、全体的な状況によるとし、日本は国際社会と連携を進めていく考えを明らかにした。
また、松尾官房長官は4日の記者会見で「民間人に対する極めて凄惨(せいさん)な行為が繰り広げられたことが次々と明らかになっている。極めて深刻に受け止め、強い衝撃を受けている」と強調。日本と各国がロシアの侵攻をめぐる捜査を国際刑事裁判所(ICC)に付託したことを挙げ「捜査がしっかりと行われることを期待する」と述べた。
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
JNN世論調査 岸田内閣の支持率59.1%
ロシア国防省は3日、ウクライナ・キエフ州ブチャにおける民間人殺害について、ウクライナ側による非難を否定した。ロシア国防省では、ロシア軍は3月30日に完全にブチャから撤退しており、「犯罪を証明するもの」は、ウクライナ安全保障当局職員が同市に到着してから4日後になってようやく表に出たとしている。ロシア国防省はまた、3月31日のブチャ市のフェドルク市長がビデオメッセージの中で市内にロシア兵はいないと発言したこと、さらに市街における一般市民に対する銃撃について何の言及もなかったことを強調している。
関連ニュース
ウクライナ ブーチャでの挑発行為、目的は和平交渉の決裂=ロシア外務省
英ジョンソン首相、対露制裁の強化を用意 民間人殺害の疑惑を受け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала