ロシア中央銀行 暗号通貨を「ねずみ講」と指摘

© Sputnik / Natalia Seliverstova / フォトバンクに移行ロシア中央銀行(アーカイブ写真)
ロシア中央銀行(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
ロシア政府からのマイニングの合法体制確立の提案を受けたロシア中央銀行は、暗号通貨取引の合法化で、事実上ねずみ講のような投機性の高いツールへの市民の投資を大規模に増加させる条件を生む恐れがあると警告を発している。ロシア中央銀行第一副総裁が政府に提出した回答にこう記されている。
また、暗号通貨取引で不正行為が著しく蔓延した場合、国民が貯蓄の大部分を失う危険性も指摘されている。
ロシア中央銀行はまた、暗号通貨がマネーロンダリング、麻薬取引、テロ資金調達などの違法行為に積極的に利用されていると強調した。
国会 - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
日本政府 ロシアに対する規制強化で改正法案を閣議決定
ロシア中央銀行は年頭に出した報告書で、暗号通貨に所有制限を設けず、国内での流通や採掘の法的禁止を提案していた。これに財務省は異議を唱え、暗号通過市場の合法化を提案した。
関連ニュース
ビットコイン価格が高値を更新 4万8000ドルに
「ミーム」仮想通貨の最大保有者が柴犬トークンに107億円以上を投資
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала