新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

運動は腫瘍の成長を遅らせ合併症を抑える 米国の研究で明らかに

© Sputnik / Sergey Averinウォーキングを楽しむ人々
ウォーキングを楽しむ人々 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
がんを発症する前に運動をすると、腫瘍の成長を遅らせ、がんの合併症である「悪液質(カヘキシア)」による悪影響を抑えることが米国の研究によって明らかになった。この研究をまとめた論文が「ユーレックアラート!」に投稿されている。
悪液質は、進行がんの患者の最大80%が罹患し、がんによる死亡の約3分の1に関係する疾患。悪液質は筋肉量の減少、心臓の機能の低下、そして全体的な生活の質の低下をもたらす。
米ノースカロライナ大学グリーンズボロー校の研究者らは今回、マウスを使った実験を行い、8週間運動を行ったマウスと、同じ期間何も運動させなかったマウスにがんを誘発させてみた。すると、運動しなかったマウスの心機能は運動していたマウスより劣っていることが分かった。また、運動を行ったマウスは、運動しなかったマウスに比べて腫瘍の体積が小さく、腫瘍の質量も60%小さかった。
がんを予防する果物とは? 英国の医師が語る - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
IT・科学
がんを予防する果物とは? 英国の医師が語る
この研究を行ったルイーザ・ティシー氏は、悪液質というがんの合併症を予防するために運動を行っておくことが重要だと指摘している。同氏は現在、がん患者を対象に合併症予防を目的とした、安全で効果的な運動について研究を行っている。
関連ニュース
携帯電話で脳腫瘍になるのか オックスフォード大学が研究
膵臓がんを引き起こす5つの要因
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала