ロシアがウクライナを迂回しハンガリーへ原発用燃料を空輸=ハンガリー外相

© Sputnik / Pavel Lisitsyn / フォトバンクに移行原発用燃料
原発用燃料 - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
ロシアは、ウクライナを迂回して、パクシュ原子力発電所用の核燃料をハンガリーに空輸した。 7日、ブリュッセルでの北大西洋条約機構(NATO)外相会議に参加しているハンガリー外務貿易省のシーヤールトー・ペーテル大臣が明らかにした。
ペーテル大臣はフェイスブック(ロシアでは過激主義として禁止。メタ社が所有)に投稿されたビデオメッセージで、「以前、核燃料はロシアからウクライナを経由して鉄道で輸送されていた」が、今日では、別のルートを見つける必要があったと語った。同大臣は、「6日朝、すべての関係国政府の承諾を得て、(ロシアの燃料の)ロットがベラルーシ-ポーランド-スロバキアのルートではじめてパパ市(飛行場)まで空輸された」と語った。
これよりも前、ハンガリー外務省は、ロシア産ガスのルーブル決済を行う上での技術的なソリューションを同国が構築中であることを明らかにした。
関連ニュース
国際原油価格の上昇止まず 対露制裁が厳格化の期待感 EUはロシア産石油、ガス制裁発動に踏み切るか
最優先課題はこの戦争に巻き込まれないこと ハンガリー外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала