ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

NYタイムズのウクライナ軍にロシア人捕虜が殺害の動画に米国は無反応  米政権の偏向を示す=駐米ロシア大使

© AP Photo / Wong Maye-Eロシアのアントノフ駐米大使
ロシアのアントノフ駐米大使 - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
ロシア人捕虜の殺害シーンを映したビデオをニューヨークタイムズ紙が発表し、動画の信憑性を確証したにもかかわらず、米国政権がこれに反応を示さなかった事実について、アナトーリイ・アントーノフ駐米ロシア大使は、ウクライナ紛争に対して米国が偏向を持つことを示していると指摘した。
「4月6日付のニューヨーク・タイムズ紙が、ウクライナ人兵士がロシア人捕虜を冷酷に殺害している映像を公開し、その信憑性を確証した記事に注目した...。指標となるのは映像の真偽が確認できないことを理由にした米国当局の無関心な反応である。このようなやり方は、ウクライナ紛争に対する米国の偏向に満ちた態度を証拠づけている」
アントーノフ大使は、ニューヨークタイムズ紙がロシア兵士の殺害ビデオを公開したにもかかわらず、これが米国で広く報じられなかった事実は不可解との見解を示した。
ロシア人捕虜の虐殺の動画を検証できた=ニューヨークタイムズ - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア人捕虜の虐殺の動画を検証できた=ニューヨークタイムズ
ロシアのプーチン大統領は、2022年2月24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
西側諸国はブチャの煽動を支援 事実上、参加も同然=露外務省報道官
ウクライナで「ブチャ」タイプの新たな挑発が準備されている=露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала