国連総会、ロシアの国連人権理事国の資格停止

© 写真 : Patrick Gruban国連総会
国連総会 - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
国連総会は7日に開いた緊急特別会合で、国連人権理事会におけるロシアの理事国資格を停止する決議案を採択した。93ヵ国が賛成し、24カ国が反対、58カ国が棄権した。リア・ノーヴォスチ通信が報じた。
決議案は、米国、ウクライナ、ラトビアなどの一連の西側諸国が提案した。ロシアに対するこのような措置は、ウクライナでの行動によって講じられている。
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシア外務省、中国大使と米国のウクライナでの軍事生物学研究について討議
国連総会議長の事務所はリア・ノーヴォスチ通信に対し、決議案の採択後、ロシアは国連人権理事会の議席は維持するが、投票権と発言権を失うと説明した。
これに先立ち、ロシアのペスコフ大統領報道官は、国連人権理事会からロシアを排除することは考えられないことであり、同理事会の活動は十分な価値を持たなくなると述べていた。
中国が米国に要請 ウクライナの軍事生物研究所に関するデータの公開 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
中国が米国に要請 ウクライナの軍事生物研究所に関するデータの公開
中国の張軍国連大使は採決に先立ち、国連人権理事会におけるロシアの理事国資格を停止する決議案の採択は危険な先例をつくると演説し、中国は反対票を投じると述べた。
張氏は「このような重要な問題は、事実に基づいて最大限デリケートに、落ち着いて、客観的に決定されなければならない。一方、この決議案は、透明かつオープンなやり方で作成されたものではない。意見を聞くためのすべての国連加盟国との協議は行われなかった」と述べた。
関連ニュース
国連、ウクライナでの捕虜の拷問に関する調査を要請
露特務部隊 ロシア人捕虜を虐待のウクライナ人を捕らえる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала