ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナでの紛争はすぐには終わらない=マクロン大統領

© REUTERS / Stephanie Lecocqフランスのエマニュエル・マクロン大統領
フランスのエマニュエル・マクロン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ウクライナでの紛争は今後数週間では終わらないと見ており、国民に対し人道支援を呼びかけている。10日からはじまる大統領選挙への立候補を予定するマクロン大統領が、ラジオ局RTLの放送で語った。
マクロン大統領は、「この紛争は、残念ながら、すぐには終わらない」との見解を述べ、「私たちは今後数日、数週間、ドンパスでの深刻な状況を目にすることになると思う。そのため、私たちはトルコやギリシャ、国連と協力し、マリウポリやドニプロでの人道的活動を組織するためにあらゆることに取り組んでいる」と強調した
マクロン大統領は、停戦後のウクライナの平和構築において、フランスは保証人の役割を果たす用意があると表明した。
ウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
中国外交部 ウクライナ危機の原因について言及
同大統領は、フランス政府が「交渉者としての立場を維持」することができることから、結果に関係なく、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話会談を続ける用意があると強調した。
マクロン大統領は、「これは私の義務だと言えます。そして、5月中旬までに結果が出ないと思っていても、未来の平和に向け準備を行うことは有益です」と語った。
ロシアとフランスの大統領は、ここ数ヶ月間絶えず連絡を取り合っており、ウクライナでの紛争の解決に関わる問題で話し合いを行っている。
関連ニュース
ペスコフ報道官がコメント ロシア政府がゼレンスキー大統領の殺害を計画との報道について
米上院がウクライナのレンドリース法案を承認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала