東映アニメーション テレビアニメ4作品の新作の放送再開へ

ONE PIECE - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
日本のアニメ制作会社「東映アニメーション」が第三者による不正アクセスを受け、同社制作のテレビアニメ4作品の放映スケジュールに影響が出ていた問題で、新作の放送が再開されることが発表された。NHKなどの日本のマスコミが報じた。
NHKによると、影響が出ていた「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「デリシャスパーティ♡プリキュア」「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」のテレビアニメ4作品について、「作品の制作にメドがたった」ことなどから、いずれの作品も新作の放送が再開されることになった。
東映アニメーションは3月11日、同月6日に同社のネットワークが第三者による不正アクセスを受けたことを確認、社内システムの一部を停止しており、同社が制作するテレビアニメの放映スケジュールに影響が出ると発表していた。
関連ニュース
『ロード・オブ・ザ・リング』のアニメ映画が2024年春公開 監督は神山健治氏
台湾の地下鉄 セーラームーンの杖で運賃が支払いに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала