仏大統領選1回目投票 現職マクロン氏が首位、2位はル・ペン氏

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行仏大統領選1回目投票
仏大統領選1回目投票 - Sputnik 日本, 1920, 11.04.2022
フランスでは10日、大統領選の1回目投票が行われ、フランス内務省のデータによると、投票率が90%以上の時点で、現職のエマニュエル・マクロン大統領が得票率27.40%でリードしている。2位は極右政党「国民連合(RN)」のマリーヌ・ル・ペン党首で、得票率24.58%。
3位は左派政党「不服従のフランス」のジャン=リュック・メランション党首(20.96%)。4位は極右政治評論家のエリック・ゼムール氏(6.94%)。5位は最大野党の右派「共和党」で、イル=ド=フランス地域圏知事のヴァレリー・ペクレス氏(4.76%)となっている。
2022年フランス大統領選挙の主な立候補者 - Sputnik 日本, 1920, 09.04.2022
フランス大統領選 立候補者の主な顔ぶれ:新たなリーダーは誰?
上位2人による決選投票は24日に行われる。
関連ニュース
中国 上海での仏大統領選の投票所開設を認めず 新型コロナ感染状況を理由に
ウクライナでの紛争はすぐには終わらない=マクロン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала