スウェーデンとフィンランド、今夏にNATO加盟の意向=英タイムズ紙

© AFP 2022 / Justin TallisNATO
NATO - Sputnik 日本, 1920, 11.04.2022
英タイムズ紙は、複数の関係者の情報を引用し、スウェーデンおよびフィンランドが今夏、北大西洋条約機構(NATO)に加盟する意向だと報じている。
匿名の米政府関係者によると、両国のNATO加盟にまつわる議題は、先のNATO外相会議で複数回取り上げられた。
同紙は「フィンランドは6月に申請すると予想されており、続いてスウ​​ェーデンも申請予定だ」と記している。
同紙のインタビューに応じた欧州の外交官が述べたところによると、とりわけ、情報収集の分野において、そして空軍強化の一環として、両国はNATOの能力を拡大する。また、別の外交官によると、スウェーデンとフィンランドはNATOで「重要な役割を担う国」となる見込み。
ビル・クリントン元米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 09.04.2022
NATO拡大は正しい決断=ビル・クリントン氏 ロシアの反対や専門家の忠告に反して
先に、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、スウェーデンおよびフィンランドのNATO加盟はロシアにとって実存的脅威だとは考えていないと表明した。
スウェーデンおよびフィンランドは、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦を背景に、長期中立国を放棄し、NATOに加盟する可能性について言及し始めた。NATOのストルテンベルグ事務総長は、NATOはスウェーデンおよびフィンランドを喜んで迎え、両国には迅速に加盟の機会を保障すると指摘してきた。先に、米国のジュリアン・スミスNATO大使は、NATOは、スウェーデンおよびフィンランドが今後「数か月と数週間」で加盟の可能性について独自の決定を下すことを期待していると述べた。また、米国は両国のNATO加盟を歓迎するとした。
関連ニュース
イタリア、NATOによるウクライナ紛争への参戦に反対
「もっとできるはずだ」 NATO外相会議でウクライナ外相が武器供給を主張
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала