ISS事業から脱退してもロシアは義務を履行する=ロゴジンCEO

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行ロシア宇宙企業「ロスコスモス」のロゴジンCEO
ロシア宇宙企業「ロスコスモス」のロゴジンCEO - Sputnik 日本, 1920, 11.04.2022
2024年以降にロシアがISS(国際宇宙ステーション)プロジェクトから脱退した場合、外国パートナーはルーブルで支払うことにより、ステーション維持サービスを受けることができる。ロシアがISS活動を縮小し、ロシア軌道サービスステーション(ROSS)を展開することになれば、事前に定められた手続きに基づきパートナーに通知する。ロシア宇宙企業「ロスコスモス」のロゴジンCEOがRIAノーヴォスチのインタビューで明かした。
ロゴジンCEOによると、ステーション維持においてロシア参加を補填することは、機材不足のため不可能だという。早急な設備交換も「ほぼ不可能」であり、そのためには多くの時間と資金を要するとした。
ロゴジンCEOはまた、地球周回軌道における軍事応用ステーションの運用、また深宇宙国際有人ミッションへの参加は、ロシアにとって最適であるとの考えを示した。
ロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEO(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシア宇宙企業ロスコスモス、欧米諸国との共同プロジェクト打切り=ロゴジンCEO
そのほか、ロゴジンCEOは近いうちに中国およびインドの宇宙当局幹部と、共同プロジェクトを協議するため対面での会談を予定しているという。
関連ニュース
日本の制裁はロシアの宇宙機開発時期に影響を与えず=ロスコスモスCEO
ロスコスモスCEO 米国・欧州・カナダの制裁がISS関連の業務に影響を与えることはない
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала