新型コロナウイルス「XE」 日本で初確認 現時点で明らかなことは

© AP Photo / Koji Sasahara新型コロナウイルス
新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 11.04.2022
新型コロナウイルス・オミクロン株の複数タイプが組み合わさった「XE」への感染が、日本国内の検疫で初めて確認された。NHKが報じている。
厚労省によると、感染は先月26日、米国から成田空港に到着した30代女性に確認されたという。
空港検疫所で新型コロナウイルス検査を受け陽性となり、検体を国立感染症研究所で解析したところ、「XE」と確認された。「XE」は英国などで報告されているが、日本国内の確認は初。
「XE」は第6波で広がったオミクロン株「BA.1」と、より感染力が高い「BA.2」が組み合わさったタイプで、英国保健当局によると、「BA.2」より感染拡大スピードが12.6%速いと試算されている。
新型コロナウイルスの感染がまた徐々に増えつつあり、第7波到来が懸念されている。主流になるとみられているのが、オミクロン株の1つでより感染力が高いとされる「BA.2」。英国などでは別の変異ウイルス「XE」も徐々に広がりをみせ、日本国内でも初めて検疫で確認された。対策について専門家会合は、ワクチンの追加接種、混雑を避ける、マスク着用など「基本的な日常の対策を変わらない」としている。

新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
新型コロナウイルス
オミクロン株混合タイプの「XE」 感染力が従来のオミクロン株より強い可能性
関連ニュース
韓国 新型コロナウイルスを最も危険な病気の分類から除外する可能性
中国東部で新たなオミクロン系統株を確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала