ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

自身の訪問が和解に有益となるなら、キーウ訪問の構えあり=仏マクロン大統領

© Sputnik / Sergei Gneev / フォトバンクに移行仏マクロン大統領(2022年2月、モスクワ)
仏マクロン大統領(2022年2月、モスクワ) - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、自身の訪問が有益なものとなり、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領による対話を開始させることができるのであれば、キーウ(キエフ)を訪問する用意ができていると表明した。
マクロン氏は、2月初旬にキーウとモスクワを訪問したことに言及した。
フランスのテレビ局BFMTVのインタビューに対し、マクロン氏は次のように語った。

その後、私は毎回ゼレンスキー大統領の要望により、ゼレンスキー大統領およびプーチン大統領と電話会談を行い続けた。私はキーウや他のウクライナの都市に行く用意ができていると言った。しかし、大使館を訪れるために行くのではない。今回の訪問が、何か新しいプロセスにつながるのであれば行く。これが有益となることを望んでいる。

プーチン大統領との対話を続けるべき=仏大統領は - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領との対話を続けるべき=仏大統領
また、マクロン氏は「プーチン大統領とゼレンスキー大統領による対話を開始させることができるのであれば、おそらく、この訪問は有益となるだろう。有益となる度に、訪問を行っていく」と指摘した。
関連ニュース
ウクライナでの紛争はすぐには終わらない=マクロン大統領
露仏電話首脳会談開催、フランスがルーブルによる天然ガスの購入を拒否
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала