ラブロフ外相、セガール米特使と露米関係維持の重要性について協議

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行セガール氏(アーカイブ写真)
セガール氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 13.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアと米国の「人道的なつながり」を深めるための特使を務める俳優のスティーブン・セガール氏と会談し、その中で、露米の危機的状況において、両国の非政府間レベルでの交流ルートを維持することが重要だと述べた。ロシア外務省が明らかにした。
外務省のサイトで発表された声明には、ラブロフ外相がセガール氏の70歳の誕生日に寄せて温かい祝辞を伝え、文化・人道分野における露米関係の維持に対するセガール氏の貢献を評価したと記されている。また声明では、現在の露米の危機的な状況において、非政府間レベルでの交流ルートを維持することは特別な意味を持つものであると強調されている。
また外務省によれば、ラブロフ外相とセガール特使は、両国にとって相互に有益なその他の重要問題についても意見を交わした。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала