ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領の「ジェノサイド」発言、ウクライナの和解に関する米国の立場に影響ない=ホワイトハウス

© Sputnik / Sergey Mamontov / フォトバンクに移行ホワイトハウス
ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ホワイトハウスは、ウクライナでの「ジェノサイド」に関するジョー・バイデン米大統領の発言は、和平交渉の見通しに害を及ぼすことはなく、状況を解決する上での米国の立場に影響を与えることはないとみなしている。ホワイトハウスのジェン・サキ報道官が表明した。
サキ報道官は、12日にバイデン氏がロシア軍の行動を2度「ジェノサイド」と発言したことは、現地の状況に対するバイデン氏のビジョンと、ロシアのプーチン大統領が「ウクライナ人であるという考えそのものを消そうとしている」という見解を反映していると説明した
一方、バイデン氏が「ウクライナ人のジェノサイド」と発言したことについて、ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシアは状況を歪曲するこうした試みを容認できないと考えていると非難した。
キーウ - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国、国務長官あるいは国防長官のキーウ訪問を検討=メディア
サキ報道官は「プーチン氏がバイデン氏の発言が原因で和平交渉への不参加を決定するとは考えにくい。プーチン氏は自身の利益となるのであれば、交渉への参加を決定するだろう」と語った。
この上で、サキ報道官は、米政府は交渉の取り組みにおいて、常にウクライナ政府を支援していくとした。「我々は常に和平交渉を支援していく。バイデン大統領、ブリンケン国務長官、サリバン国家安全保障問題顧問は常に支援していく。我々もこれらの取り組みにおいてウクライナ人を支援している」と強調した。
また、サキ報道官は、ウクライナでの出来事について「ジェノサイド」と法的に認定するには、何年もかかる可能性があると明言した。
関連ニュース
マクロン大統領、ウクライナにおけるロシアの行動をジェノサイドと呼ばず
米国、ウクライナに7億5000万ドルの追加軍事支援を発表へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала