マラドーナ氏の主治医ら 過失致死嫌疑で法廷へ

© AP Photo / Natacha Pisarenkoマラドーナ氏の主治医ら 過失致死嫌疑で法廷へ
マラドーナ氏の主治医ら 過失致死嫌疑で法廷へ - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2022
先に、サッカーのディエゴ・マラドーナ氏の死を調査するために設置された医学専門家委員会が、司法機関に提出する報告書を作成したことが明らかにされた。報告書には、マラドーナ氏を担当した医療チームの行為が不適切、不十分、不注意であったことが指摘されている。委員会によると、マラドーナ氏が必要なケアと治療を受けられなかったことが死因となった可能性がある。
AFP通信によると、被告人は「前例もない、不十分でまったく無謀な自宅療養を開始」し、療養中に即興で治療を行った模様。弁護側は独自の論拠を提示した場合、事件の取り下げ請求もできる。
Болельщик скорбит по Диего Марадоне в Аргентине  - Sputnik 日本, 1920, 30.11.2020
マラドーナ氏の主治医 過失致死の疑い
嫌疑をかけられているのはマラドーナの神経外科医レオポルド・ルケ氏、精神科医アグスティナ・コサチェフ氏、心理学者カルロス・ディアス氏で有罪となった場合、8年から25年の懲役になる。この告発は、専門家委員会の調査結果に基づくものです。
さらに、医学専門家委員会はマラドーナ氏の正確な死亡時刻を確定した。それによるとマラドーナ氏は蘇生が試みられている数時間前にすでに死亡していたことがわかっている。
マラドーナ氏は2020年11月25日に60歳で死去した。死因は、心不全による急性肺水腫だった。
関連ニュース
マラドーナ氏が歴史的ゴールを決めたユニフォームがオークション出品へ 予想落札価格は520万ドル
マラドーナの遺産は4000万ユーロ 16人が相続争い
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала