日経新聞の全面広告に国連女性機関が「有害なステレオタイプ撤廃原則に反する」と抗議

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ニューヨークでの国際連合本部
ニューヨークでの国際連合本部 - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2022
日本経済新聞が今月4日に掲載した漫画『月曜日のたわわ』の単行本の最新刊の全面広告に対し、国連女性機関(UN Women)は女子高生が性的に描かれており、メディアと広告によるジェンダー平等を推進し、有害なステレオタイプの撤廃の原則に反するとして、日経新聞に抗議を申し入れていたことが、ハフポスト日本版が4月15日に行った取材で明らかになった。
UN Womenが問題視した広告には胸を非現実的なほど強調したミニスカート姿の女子高生のキャラが描かれている。【画像
ハフポスト日本版によれば、UN Women は11日付けで日経新聞に対して「容認できない」として文書による抗議を申し入れ、社外への公式の説明および広告の掲載の可否についての決定プロセスの見直しなどを指摘していたものの、日経新聞側は「今回の広告を巡って様々なご意見があることは把握しております。個別の広告掲載の判断についてはお答えしておりません」とコメント。UN Womenは「失望しており、(同社は)自らの立場について考え直してほしい」と書面に記した。
韓国の次期大統領 - Sputnik 日本, 1920, 07.04.2022
韓国次期大統領 女性家族部の廃止断念
UN Women 日本事務所の石川雅恵所長はハフポスト日本版からの取材に対して、「男性にとっての『女子高生にこうしてほしい』という見方しか反映しておらず、女子高生には『性的な魅力で男性を応援する』という人格しか与えられていません」と答え、UN Womenが重視する「アンチステレオタイプアライアンス」の3原則が守られていないと指摘した。
関連ニュース
ジョンソン英首相 自粛中のパーティー開催に罰金
ツイッター株主、イーロン・マスク氏を提訴
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала