ドイツ政府、国民に肉の消費量を減らすよう要請

肉 - Sputnik 日本, 1920, 17.04.2022
ドイツ経済協力開発省のニールス・アネン政務次官は、ウクライナ情勢による「食品の価格危機」を背景に、耕作可能地を解放するために肉の消費を減らすよう求めた。
サイト「Euractiv」の同政務次官は、「私は肉を食べることに大きな喜びを感じる人間であり、誰にも肉を食べることを禁じたくはないが、しかし、世界の穀物生産の大部分が最終的に家畜の飼料の生産に使われていることを指摘しなければならない」と語った。
同政務長官によると、ドイツと欧州で肉の消費を減らすことは、肉の輸入国を含め、より耕作可能な土地を解放するのに役立つ可能性があるという。
ドイツ - Sputnik 日本, 1920, 05.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ドイツの専門家 食糧危機が始まったと発言
同政務次官は、「ドイツで豚肉の消費量を30%削減すると、約100万ヘクタールの耕作地が解放されることになる」と語った。
また、ドイツ農民協会のウド・ヘマーリング副事務局長は、雑誌『デア・シュピーゲル』のインタビューに、ドイツ人は今後数カ月で肉製品の購入問題に直面するおそれがあると表明した。
関連ニュース
「危機的状況」 英国人は食料と光熱費の支払いのどちらかを選ばねばならない
プーチン大統領 世界の食糧市場の状況悪化に言及
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала