パリで極右政治家に反対する抗議活動が開催、9200人が参加

© Sputnik / Kristina Afanasyeva極右政党「国民連合」のマリーヌ・ルペン氏
極右政党「国民連合」のマリーヌ・ルペン氏 - Sputnik 日本, 1920, 17.04.2022
フランスの首都パリでは極右、及びファシズムに反対する抗議活動が開催され、およそ9200人の市民が参加した。警察の発表を引用して現地メディアが報じた。
パリでは16日、複数の抗議活動が開催された。極右政治家、およびファシズムに反対する行進は民主派の「黄色いベスト運動」が主催した。参加者らは極右政党「国民連合」のマリーヌ・ルペン党首の選出に反対したほか、「マクロンもNO、ルペンもNO」とシュプレヒコールをあげ、決選投票をボイコットするよう呼びかけていた。
警察の発表によると、この抗議活動には9200人の市民が参加した。抗議活動は平和裏に開催されていたものの、無政府主義の過激派団体「ブラック・ブロック」が合流したことにより、 警察との衝突に発展した。過激派の若者らは治安当局にビンなどを投げつけたことから、警察は複数回にわたって催涙ガスを使用した。
同時にパリ第8区では、マクロン大統領を批判する抗議活動が開催された。抗議活動は極右政党「愛国者」が組織し、参加した市民は「ネバ―・マクロン」とシュプレヒコールを続けていた。
関連ニュース
仏大統領選の極右候補者、勝利の暁にはインドとセネガルに国連安保理常任理事国入りを提案
ルペン仏大統領候補 仏軍のNATOからの脱退を公約
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала