ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英国人捕虜2人、ジョンソン首相に宇親露派党首メドヴェチュクとの交換を懇願

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行ウクライナ野党党首ヴィクトル・メドヴェチュク
ウクライナ野党党首ヴィクトル・メドヴェチュク - Sputnik 日本, 1920, 18.04.2022
ロシア軍およびドネツク共和国軍の捕虜となった英国人2人が、ジョンソン英首相に対し、ウクライナ野党党首ヴィクトル・メドヴェチュク氏との交換に協力するよう呼びかけた。
捕虜の1人ピンナー氏はロシア1テレビ「60分」の中で「ジョンソン首相、私はショーン・ピンナーと申します。メドヴェチュク野党党首が拘束されていると把握していますが、私とアイデン・アスリンの2人を同氏との交換を希望します。首相の支援に感謝いたします。私への対応はよく、現在、どのような状況に置かれているかを理解しています。食事と水を与えられています。あらためて私とアイデンン・アスリンの2人はメドヴェチュク氏との交換に協力くださるようお願いします」と呼びかけた。
これより前、メドヴェチュク氏の妻オクサナ・マルチェンコさんは、捕虜となった英国人の家族らに対し、同氏と捕虜英国人の交換実現に向けてボリス・ジョンソン英首相に訴えるよう、呼びかけた。
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ゼレンスキーが親露派政党党首の拘束を指示、捕虜との交換をロシア政府に提案
メドヴェチュク氏はプーチン大統領とゼレンスキー大統領に対し、捕虜兵士・マリウポリ市民と自身との交換を訴えた。また、ロシア国防省がこれまで何度も宣言している人道回廊について、人道回廊を経由するマリウポリからの脱出口はないと語った。
メドヴェチュク氏自身が捕虜との交換を求めた動画メッセージは、ウクライナ保安庁が18日に同テレグラム・チャンネルで公開した。
関連ニュース
拘束された親露派党首の妻、捕虜との交換をプーチン大統領とサウジ王子に懇願
マリウポリのウクライナ兵を虐殺すればロシアとの交渉は中止する=ゼレンスキー大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала