森友学園の補助金不正 2審大阪高裁 籠池夫婦に実刑判決

© REUTERS / Issei Kato衆院で承認喚問を受ける籠池泰典・森友学園理事長
衆院で承認喚問を受ける籠池泰典・森友学園理事長
 - Sputnik 日本, 1920, 18.04.2022
日本の学校法人「森友学園」をめぐる補助金詐欺事件で、大阪高裁は籠池泰典(69)被告と妻の諄子被告(65)に実刑判決を言い渡した。NHKが報じている。
学校法人「森友学園」の理事長・籠池泰典被告と妻の諄子被告は、豊中市で開校する予定だった小学校の建設費や幼稚園の教員の人数を偽って申請し、国や大阪府、大阪市から補助金あわせて約1億7千万円をだまし取った罪に問われている。
1審はおととし2月、理事長に懲役5年の実刑、妻には一部を無罪としたうえで執行猶予つき有罪判決を言い渡し、夫婦と検察の双方が控訴していた。
18日の2審判決で、大坂高裁の西田裁判長は籠池被告について「みずからの判断で虚偽の申請をしていた」と指摘し、1審に続き懲役5年を言い渡した。
諄子被告については、一部を無罪とした1審判決を取り消し、懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。
関連ニュース
安倍元首相の「顧問」を名乗り、雑誌社にゲラ開示要求 朝日新聞が記者を懲戒処分
日経新聞の全面広告に国連女性機関が「有害なステレオタイプ撤廃原則に反する」と抗議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала