米国 衛星攻撃兵器実験にモラトリアムを導入=副大統領

CC0 / Pixabay / 宇宙ゴミ
宇宙ゴミ - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
米国のカマラ・ハリス副大統領は、衛星攻撃兵器の実験に関するモラトリアムの導入を発表した。
ハリス副大統領は、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ宇宙軍基地を訪問した際、これを発表した。
米メディアによると、モラトリアムの導入は、ロシアが2021年11月、運用を停止したソ連の衛星「ツェリーナD」を撃ち落とす衛星攻撃実験を行ったことに起因している。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、当時「実験で発生した破片は宇宙活動に脅威をもたらしてはいない」と述べていた。一方、米国とNATOは、宇宙ゴミは「各国の人命や宇宙船にとって」危険であると非難した
「ロスコスモス」のロゴジン社長  - Sputnik 日本, 1920, 18.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
「ロスコスモス」に対する制裁でより苦しむのは欧州=ロゴジン社長
米国は、核弾頭が搭載可能な大陸間弾道ミサイル「ミニットマンIII」の発射実験をロシアに対する配慮から再延期する決定を下した。今回の延期について、前回と同様、ウクライナを巡る情勢を背景にこの発射実験が誤って解釈されることを避けることが狙いだと表明した。しかしながら、次の発射実験は年内に予定されている。
関連ニュース
中国、世界中の宇宙飛行士を自国軌道ステーションに招待
ロシアは月面プログラムを再開する=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала