ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアはウクライナでの核兵器の使用を検討していない=ラブロフ外相

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行ラブロフ外相
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウクライナでの特殊作戦の現段階で、ロシアは通常兵器を使用するという選択肢のみを検討していると述べた。
ラブロフ外相は、テレビ局「インディア・トゥデイ」のインタビューで、ロシアがウクライナで核兵器を使用するかどうかという質問に対して、「通常兵器のみだ」と答えた。
同相はまた、イスタンブールでの会談後、ロシアは、善意の意思の表明として、ウクライナでの軍の編成を変更したが、そのことはは適切に評価されなかったと述べた。

私たちは、善意の意思の表明として、チェルニーヒウ州とキーウ州での編成を変更したが、しかし、ご存じと思いますが、そのことは適切に評価されず、その代わりに、すぐにブチャで演出が行われました。

ブチャの状況についてコメントする中で、同相は、ロシア政府が調査を行っており、「私たちは真実を証明することを止めはしない」と表明した。
さらに、ラブロフ外相は次のようにコメントした。
関連ニュース
トランプ氏 ロシア、ウクライナ交渉 早急に開始すべき
米国のCIA長官、ウクライナに対するロシアの戦術核攻撃の危険性を警告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала