ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

投降した英国人 ウクライナ政府が兵士を見放したと非難

© 写真 : Telegram/milchronicles英国人傭兵のエイデン・エスリン
英国人傭兵のエイデン・エスリン - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
英国人傭兵のエイデン・エスリンは、ウクライナ政府が兵士を見放したことから投降したと述べた。
ドネツク人民共和国内務省が公表した動画でエスリンは、「我々は現状からドンバスを離れ、ドネツク人民共和国とロシア連邦の兵士に地域を引き渡さなければならなかった」と語った。
彼は、捕虜たちはみな無事だと強調し、 「待遇は良く、食べ物や水、タバコがある。心配することは何もない」と語った。
マリウポリで最大400人の外国人傭兵が包囲-ロシア国防省 - Sputnik 日本, 1920, 17.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
マリウポリで最大400人の外国人傭兵が包囲-ロシア国防省
英国人傭兵はまた、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に向けて訴え、「あなたは私たちを見捨て、マリウポリから離れる機会を与えようとしなかったということを理解すべきだ」と強調した。
先週、エスリンともう1人の英国人傭兵ショーン・ピナーは、マリウポリのウクライナ軍第36旅団の脱出が失敗に終わったため投降した。テレビチャンネル「ロシア1」の放送で、彼らは、ウクライナで拘束されている野党政治家ヴィクトル・メドヴェチュクとの交換を支援するようボリス・ジョンソン首相に要請した。
関連ニュース
国連、ウクライナでの捕虜の拷問に関する調査を要請
ウクライナの捕虜の中にNATO加盟国の軍人=クリモフ上院議員
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала