ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロッキード・マーティン 米国防総省と宇向け兵器増産を協議

CC BY-SA 3.0 / Coolcaesar / Main entrance to Lockheed Martin Center for Leadership Excellence (CLE) in Bethesda米国の航空機・宇宙関連機器開発会社「ロッキード・マーティン」
米国の航空機・宇宙関連機器開発会社「ロッキード・マーティン」 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
米軍需大手ロッキード・マーティン社と米国防総省が、ウクライナ向けの兵器生産の拡大について協議していることが分かった。米紙「The Wall Street Journal」が伝えている。
同紙によると、米国政府は今年2月以降、ウクライナに対し30億ドル規模の支援を約束。そのなかには、同社の対戦車兵器「ジャベリン」や無人爆撃機なども含まれている。
米軍とウクライナ軍 - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
西側はウクライナに古い武器を供与する構え 自国の軍を再装備するため=露国連次席大使
同社の最高財務責任者のジェイ・マラべ氏は、ウクライナ支援に関するいかなる増産も財務指標に即座に影響を与えることはないとしている。だが、新型コロナウイルスの世界的流行に始まる供給網の混乱による同社への影響は続いており、ドイツ向けのF-35戦闘機やヘリコプター「Black Hawk」などの販売契約を履行するには、あと数年かかる見通しだ。
関連ニュース
日本政府 ウクライナ支援380億円に増額
米国が衛星攻撃兵器の実験禁止声明 露ロスコスモス長官がその理由を解説
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала