新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASA、ロケットエンジン用の合金を開発 高温や摩耗に対する耐性が1000倍

© 写真 : NASA新たな合金
新たな合金 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
米国で、3Dプリンターを用いて超強固で耐熱性の新たな合金がつくられた。この合金はナノサイズの酸化物粒子が均一に分散しているため、高温や摩耗に対する耐性が1000倍優れている。米航空宇宙局(NASA)が発表した。
開発したのはNASAの研究所「グレン研究センター」で、合金は「GRX-810」と名づけられた。
NASAのデール・ホプキンス氏は「まさに酸化物ナノ粒子がこの合金にこれらの特性を与えている」と述べている。
結果、合金は1000度以上の高温でも長時間にわたって特性を失わず、別の同様の合金と比較して引張及び曲げにおいて3倍の弾性を有している。
弾性は、摩耗に耐えるために役立つ最も重要な特性の1つ。コンピュータシミュレーションによって正しい組成を選択することができたという。
ロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEO(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
米国が衛星攻撃兵器の実験禁止声明 露ロスコスモス長官がその理由を解説
この合金は、まず信頼性の高い耐摩耗性のロケットエンジンの製造に役立つ。ロケットエンジンの燃焼室とノズルは、高温ガス、高圧、強い振動の影響にさらされている。
新たな合金は、より長期間修理を必要としないほか、燃料消費量の削減も可能にするという。
関連ニュース
40億光年前の巨大彗星が地球に接近中 カリフォルニア大学が確認
米国防総省 1500ページ以上におよぶUFO報告書を機密解除👽
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала