米政府、北朝鮮のハッカー集団による攻撃の可能性を警告 暗号資産を扱う企業などが標的

ハッカー - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
米政府は、北朝鮮当局が支援するハッカー集団が暗号資産 (仮想通貨)を扱う企業などを攻撃する可能性があると主張している。北朝鮮のハッカー集団は、ブロックチェーンプロジェクトだけでなく、暗号資産を保有する投資家も攻撃する可能性がある。米国のCISA(サイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁)のサイトで発表された。
米連邦捜査局(FBI)及び米財務省と共同で作成された声明は、Lazarus、APT3、BlueNoroff、Stardust Chollimaといった攻撃グループについて言及している。
CISAによると、ハッカー集団は暗号資産取引所、DeFiプロトコル、GameFiプロジェクト、ベンチャー企業などを攻撃する可能性がある。また個人投資家も標的になる可能性があるという。
ハッカー - Sputnik 日本, 1920, 15.01.2022
北朝鮮のハッカー 2021年に450億円相当の仮想通貨を盗む
米当局によると、サイバー攻撃にはさまざまな手口が存在し、そこにはフィッシングやソーシャルエンジニアリングと呼ばれる手法などが含まれ、暗号資産を盗むために悪意あるアプリケーションをインストールさせる。
関連ニュース
米シークレットサービス、7年間で1億ドル以上の暗号資産を押収
ハッカー、全世界のテスラ車へのリモートアクセスを取得したと主張
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала