「気力がわかない」銀座のロシア食品専門店「赤の広場」で商品輸入の見通しが立たず

© Sputnik / Denis Korzhovロシア食品専門店「赤の広場」
ロシア食品専門店「赤の広場」 - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
ロシア製商品を販売する店舗は次のロットを待っているが、今後、商品が届くことはない。店長のヴィクトリア・ミヤベさんが通信社「スプートニク」のインタビューに語った。
ヴィクトリアさんによると、航空機での商品の輸送費が高くなっており、船では時間がかかりすぎることから、経営が非常に難しくなっているという。また、例えば、賃貸ビルのオーナーから看板や防犯カメラの撤去を求められていることなど、これまでにはなかった問題が生じているという。
「看板なしでどうやって営業できるでしょうか? 彼らは私たちに防犯カメラを外すよう強制していますが、それでは私たちはまったく無防備になってしまいます。2月の終わりに入り口の広告スタンドが壊されました。防犯カメラは必要なのです」
また、倉庫で大量の商品ロットの一部が駄目になり、常温で保管すべき食品が凍ってしまったが、損失補償は拒否されたという。
ロシア食品専門店「赤の広場」、店長のミヤベ・ヴィクトリアさん - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2021
モスクワでなく、東京で!銀座にロシア食品専門店「赤の広場」がオープン
ヴィクトリアさんは、「今後どうなるか分かりません。しばらくは商品がありますが、新しい商品の輸入は予定していません。どうしたらいいか考えます」と語った。彼女は、これまでも多くの苦労を経験したと述べ、「2011年の地震はちょうど初の商品ロットの輸入時でした。その後もいろいろなことがあり、すべて乗り切ることに慣れていましたが、今回、はじめて気力がわいてきません」と肩を落とした。
ヴィクトリア・ミヤベさんはドネツク出身。はじめ彼女は、知り合いへのプレゼントとして砂糖菓子とジャムを日本に持ってきたが、その後、日本人のある知人から、こうした商品を小さいロットで輸入し、販売することを提案された。
関連ニュース
約40%の日本企業がロシアから撤退もしくは同国での事業を停止=帝国データバンク
プーチン大統領 世界の食糧市場の状況悪化に言及
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала