国連安保理常任理事国5カ国は、ウクライナのための保証国の基盤をつくることができる=露外務省

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行ロシア外務省
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.04.2022
ロシア外務省第二CIS局のポリシチュク局長は、タス通信のインタビューで、国連安全保障理事会常任理事国5カ国(ロシア、中国、英国、米国、フランス)はウクライナのための保証国の基盤をつくることができ、これはロシアとウクライナの交渉で話し合われていると述べた。
「確かに、これらの交渉では、ウクライナの非軍事化と非ナチ化を規定するウクライナの中立、非ブロック、非核の地位のほかに、一連の国がウクライナへ安全保障を提供する問題が検討されている。国連安全保障理事会常任理事国5カ国は、保証国制度の基盤をつくることができると考えられている。他の選択肢も除外されていないため、正確なリストはまだ決まっていない」
ロシアは、ウクライナとの将来的な合意の参加国及び保証国の1国としてベラルーシを含めることも主張しているという。
ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは宇交渉担当者に対する信頼を無くした= 露外務省報道官
関連ニュース
NATO加盟国はウクライナでのロシアの作戦の「アクティブな段階」を引き延ばすためにあらゆることをしている=露外務省
英国 ウクライナで露軍に拘束の自国傭兵の捕虜交換を拒否
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала