イーロン・マスク氏 ロボットはEVより商業的に成功する

© AP Photo / Matt Rourkeテスラ社のイーロン・マスクCEO
テスラ社のイーロン・マスクCEO - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
テスラ社のイーロン・マスクCEOは、同社の人型ロボットの生産販売は商業的な成功を収めるとの予見を表した。TechCrunchが報じた。
4月20日の記者会見でマスク氏は投資家に対し、2021年の夏の終わりに発表した人型ロボット「オプティマス」が多額の利益を会社にもたらすようになるとの見通しを語った。「オプティマスの生産は最終的には自動車ビジネスよりも、完全自動運転よりも多くの収益をもたらす
マスク氏は「オプティマス のロボットプログラムの規模が認識されなかったことに輪驚いた」と強調した。
ボストン・ダイナミックのAIロボット犬 ポンペイ遺跡の警備に使用 - Sputnik 日本, 1920, 04.04.2022
ボストン・ダイナミックのAIロボット犬 ポンペイ遺跡の警備に使用
TechCrunchは、マスク氏の計画について、「デタラメを言うわけではないが、テスラがこのようなロボットを近いうちに市場に出せるというのは、かなり非現実的だとおもう」と懐疑的な見方を示している。
TechCrunchはその根拠としてボストンダイナミクス社のロボットを例に引き、ロボットの開発、訓練には25年の歳月が費やされていると指摘している。
関連ニュース
豪州 テスラ車で太陽光発電 ロイター
人の関与なしにロボットが初めて腹腔鏡手術を実施
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала