大砲から発射、軌道へ投入 米グリーンローンチが大砲で人工衛星を打ち上げる

CC0 / Pixabay / 地球
地球 - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
米国のロケット開発企業「グリーンローンチ」は、人工衛星を地球周回軌道に打ち上げるために、水素ガスを用いた大砲を開発した。この大砲の力を借りて宇宙へ人工衛星を打ち上げるというコンセプトは、1960年代の米陸軍の高所研究プロジェクト(HARP)にまでさかのぼる。メディア「ニューアトラス」が伝えている。
同社の開発者によると、水素ガスを用いた大砲の動作原理は非常に単純なものだという。この大砲の筒の長さは16.5メートルで、筒にはヘリウム、酸素、水素が充填されている。そして発射時にはこれらのガスが急激に膨張することで「弾丸」に大きな加速度を与えることが可能となる。開発者によると、発射体自体は人工衛星を軌道に投入するための2段式のミニロケットで、1段目は人工衛星に初期加速度を与えるための大砲となる。同メディアによると、この構造により、打ち上げコストが大幅に削減できるという。
スペースX - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
スペースX スターリンク衛星53基を軌道に投入
開発者らは今回、小型で軽量な人工衛星を打ち上げるために水素ガスを用いた大砲を開発した。開発者らの計算だと、この大砲は最大3万ゲージにもなる高い過負荷が電子機器に大きな問題を起こすことはなく、ほとんどの人工衛星がそういった負荷に対処できるという。
グリーンローンチ社の開発者によると、成層圏に人工衛星を打ち上げるための水素ガスを用いた大砲のテストを現在行っているが、2022年には海抜高度100キロメートル(カーマン・ライン)を突破するべく、速度を上げることを計画している。
関連記事
中国は軌道ステーション就航のため2022年に6回のミッションを計画
宇宙条約を遵守していない 中国、米国を非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала