国際宇宙ステーション スペースデブリとの衝突を回避へ

ISS - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
ロシアの補給船「プログレスMS-18」は23日、国際宇宙ステーション(ISS)がスペースデブリ(宇宙ゴミ)と衝突するのを避けるための作業を行う。ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」が、テレグラム(SNS)で明らかにした。
同社の発表によると、プログレスMS-18はモスクワ時間16時25分(日本時間の22時25分)にエンジンがオンになる。その後、同補給船はISSを毎秒1メートル押し上げ、1.8キロメートル上昇させる予定だという。
ISSの軌道修正は、スペースデブリを回避するなどの理由で1年に平均11回行われている。
宇宙飛行士 - Sputnik 日本, 1920, 06.04.2022
IT・科学
宇宙飛行士 宇宙からISSと通信ができるかどうか検証
同社は、「米国のスペースシャトルと欧州宇宙機関の欧州補給機『ATV』の飛行が終了し、ロシアの宇宙船がISSの軌道高度を維持する唯一の正式な手段となった」と指摘している。
プログレスMS-18は、宇宙空間でISSの軌道高度の維持につとめるという。
関連ニュース
「ロスコスモス」に対する制裁でより苦しむのは欧州=ロゴジン社長
ロスコスモス 地球の軌道に存在する大量の宇宙ゴミについて指摘
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала