コンゴ エボラ出血熱の感染者を確認 2022年では初

© Fotolia / Jarun011ラボ(アーカイブ写真)
ラボ(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
コンゴ民主共和国でエボラ出血熱の感染者が確認されたことが分かった。この感染症の患者が同国で確認されたのは、2022年では初めて。ロイター通信が、コンゴ国立生物医学研究所の発表を引用して報じている。
同研究所によると、その感染者は同国北西部で確認された。身元に関する情報はまだ明らかになっていない。
ビル・ゲイツ氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
新型コロナウイルス
ビル・ゲイツ氏が警告 コロナより怖いウイルスが拡大する
エボラ出血熱は、野生動物からヒトへと感染し、ヒトの間で感染が広まる病気。感染すると、発熱、筋肉痛、頭痛、喉が痛くなるなどの症状が最初に現れる。その後、腎機能障害や肝機能障害が起こり、場合によっては内出血や外出血が起きることがあるという。
エボラ出血熱の最も大規模な流行は、2014〜2016年にかけて西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ全域で起きた。当時、この感染症で1万1000人以上が亡くなった。
関連記事
コンゴ エボラ出血熱の元感染者が再び発症 約100人が感染
研究者が多発性硬化症の意外な原因を解明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала