英国の将軍、NATOがロシアとの対立を回避する理由を説明

© AP Photo / Vadim GhirdaNATO
NATO - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
元英国統合軍司令部長官のリチャード・バロンズ将軍は、北大西洋条約機構(NATO)はロシアとの全面対決を避けたいと考えているが、それは準備不足だからだと語った。インデペンデント紙が報じた。
同将軍によれば、同盟は2つのケースで「決断」を迫られることになるが、それは、今以上にウクライナが脅威にさらされる場合、あるいはロシアが同盟国の1つと対峙する場合だという。
同将軍は議会の防衛委員会の公聴会で、「ロシアとNATOの戦争を避けたい主な理由は、NATOの準備ができていないことにあり、このことを私はもっとも心配している。そして、我々はこのことを恥じるべきだ」と表明した。
 無人機 - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
ロシアのドローンはNATOの軍事装備を自動的に識別できるようになる
バロンズ将軍は、英国は、ロシアとの紛争がエスカレートした際に必要な防衛システムを「まったく」所有してしないと指摘し、例えばエストニアを英国軍が守らなければならないと想定した場合、同国は「1週間程度」で全滅してしまうだろうと警告した。
ドイツのオーラフ・ショルツ首相は以前、西側諸国はウクライナにさらなる財政的および軍事的支援を提供するつもりだが、しかし、NATOは紛争の当事者となるべきではないという立場を取り続けていると述べている。
関連ニュース
「もっとできるはずだ」 NATO外相会議でウクライナ外相が武器供給を主張
NATO加盟国はウクライナでのロシアの作戦の「アクティブな段階」を引き延ばすためにあらゆることをしている=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала