北海道釧路市でエミューから鳥インフル検出 約100羽殺処分へ 

© AFP 2022 / Mark Ralston 北海道釧路市でエミューから鳥インフル検出 約100羽殺処分へ 
北海道釧路市でエミューから鳥インフル検出 約100羽殺処分へ  - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
日本の北海道釧路市音別町の牧場で、死んだエミューから鳥インフルエンザウイルスが検出された。現在、道は詳しい検査を行っており、同牧場で飼育している約100羽の殺処分の準備を進めている。日本のメディアが報じた。
地元メディアのHTB北海道ニュースによれば、牧場では25日までにエミュー1羽が死んでいるのが見つかった。このエミューについて簡易検査を行ったところ、鳥インフルエンザウイルスが検出されたという。
強い毒性を持つ高病原性かどうかは分かっていない。現在詳しい検査が行われており、高病原性と判断された場合は殺処分が実施される。
NHKによると、道内では今月16日、網走市にある別の農場で全国初のエミューの鳥インフルエンザへの感染が確認された。これまでに約500羽が殺処分されているという。
関連記事
鹿児島で鳥インフル確認 約11万羽の鶏殺処分へ
熊本の牧場から「巨大鳥」エミューが脱走 25羽中5羽行方わからず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала