ロシア連邦保安庁、露ジャーナリストのソロヴィヨフ氏殺害を計画したネオナチを拘束

© Sputnik / Vladimir Fedorenko / フォトバンクに移行露ジャーナリストのソロヴィヨフ氏
露ジャーナリストのソロヴィヨフ氏 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
ロシア連邦保安庁は25日、ロシア人ジャーナリストでロシアのテレビ局「ロシア1」のテレビ司会者ウラジーミル・ソロヴィヨフ氏の殺害を計画したネオナチを拘束したと発表した。

ロシア連邦保安庁はロシア連邦捜査委員会と協力し、ロシアで禁止されているネオナチのテロ組織『National Socialism/White Power』(「国家社会主義/白人の力」)のメンバーらを拘束した。

ロシア連邦保安庁によると、『National Socialism/White Power』のメンバーらは殺人の準備について自供しており、殺害を犯した後は外国に逃亡する計画だったという。
これに先立ち、ロシアのプーチン大統領は、ソロヴィヨフ氏の暗殺が未然に防がれたと発表し、同氏の殺害はウクライナの指示で準備されたと指摘した。
またプーチン氏は、ロシア大統領府は、ジャーナリストの殺害などをアドバイスする米中央情報局(CIA)をはじめとした西側の機関出身のウクライナのナチスのキュレーター一人ひとりの名前を知っていると指摘した。
関連ニュース
西側諸国はロシア社会を分断できない=プーチン大統領
ロシア、アゾフスタリ製鉄所からの避難用人道回廊を再開へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала