原因不明の子どもの肝炎 日本でも初の症例か

© Fotolia / Sudok1病院(アーカイブ写真)
病院(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
欧米で拡大している原因不明の子どもの肝炎について、日本の厚生労働省は25日、国内で初めてこの肝炎の疑いがある患者1人が報告されたと発表した。テレビ朝日などが伝えている。
WHO(世界保健機関)などによると、今月21日時点で、原因不明の子どもの急性肝炎が英やスペインなど12ヶ国で169例報告されており、1人の患者が死亡したとしている。
テレビ朝日の報道によると、入院した患者は16歳以下で、国籍や性別、居住地などは明らかにしていない。海外の症例では169例中74例でアデノウイルスが検出されているが、この患者はアデノウイルスの検査は陰性だったという。
関連ニュース
北海道釧路市でエミューから鳥インフル検出 約100羽殺処分へ
COVID-19重症化で認知症を発症
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала