日本、露側に捜索範囲拡大を通知 知床観光船事故

© Sputnik / Vitaliy Ankov / フォトバンクに移行日露協力
日露協力 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
日本の北海道知床半島の沖合で23日午後、乗客・乗員26人が乗船した観光船が遭難した事故で、海上保安庁は25日、海上での捜索と救助に関する国際条約(SAR条約)に基づき、捜索範囲を露クリル諸島のクナシル島(国後島)方面に拡大することを露当局に通知した。共同通信が伝えた。
日本の海上保安庁は、行方不明者がクナシル島周辺まで流された可能性もあるとしている。ロシア側は、通知を受け取ったことを明かにした。
25日現在、船長などを含む15人が依然として行方不明となっている。
事故原因は不明。
関連ニュース
知床観光船事故、遺体捜索でロシアに協力を求める可能性
北海道知床沖の観光船事故 意識不明の子ども1人の死亡を確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала