ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

西側はウクライナが戦い続け、ロシア軍が疲弊することを望んでいる=露ラブロフ外相

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行露ラブロフ外相
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側はウクライナが戦い続け、ロシア軍を疲弊させ、ロシアの軍産複合体を摩耗させたいと望んでいるようだが、それは幻想だとの見解を示した。
ラブロフ外相は、ロシア国営放送「第1チャンネル」の番組の中で「もう一度強調しておく。西側はウクライナが戦い続け、ロシア軍を疲弊させ、ロシアの軍産複合体を摩耗させたいと望んでいるようだが、それは幻想だ」と語った。
また、ラブロフ外相は、ウクライナのゼレンスキー大統領がロシアに実質的損害を与えることができるよう西側が望んでいることについて、ロシア政府はその可能性を否定しないと明らかにした。
露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
紛争下でもウクライナ代表団との接触は続ける=露ラブロフ外相
さらに、ラブロフ外相は「(ウクライナ政府に供給された多目的ミサイル)『ジャベリン』は戦車用に発明された携帯用の兵器だが、実際にはテロ攻撃を行うことができる。これはどこに行き着くのか?」と投げかけた。
ラブロフ外相によれば、ウクライナは統制が不十分な国であり、国の大隊やその他の組織は最高司令官に従属していない。つまり、ウクライナ軍の手に負えない場所で占領され、西側兵器の「拡散」につながるだろうと語った。
関連ニュース
ウクライナに供与する新型の神風ドローンはドンバスの戦いに最適=米国防総省
ロッキード・マーティン 米国防総省と宇向け兵器増産を協議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала