マスク氏のツイッター買収 バイデン大統領はSNSが米国民の生活に与える影響について懸念している=ホワイトハウス報道官

© AFP 2022 / Saul LOEB米サキ報道官
米サキ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、米起業家イーロン・マスク氏がツイッター社を買収したというニュースに対し、ジョー・バイデン米大統領は米国民の日常生活に対する大規模なインターネットプラットフォームの影響について長い間懸念していたと明らかにした。
25日、米テスラとスペースXの創設者イーロン・マスク氏が、約440億ドル(約5兆5000万円相当)でツイッター社を買収すると公式に発表された。
サキ氏は定例会見で「特定の取引についてコメントするつもりはない」と話した。一方「ツイッターの所有者に関係なく、(バイデン)大統領は長い間、大規模なプラットフォームが我々の日常生活に与える影響について懸念してきた」と明らかにした
ツイッター - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
ツイッター、科学的コンセンサスのない気象変動に関する広告を禁止
サキ氏は、政府では誤った情報がソーシャルメディアに広がる可能性を恐れていると説明。各プラットフォームにこうした違反の責任を負わせることの重要性を指摘した。
また、サキ氏は「(バイデン)大統領は、技術プラットフォームは引き起こす害について責任を負わなければならないと長い間主張してきた。大統領は、この目標を達成することを目的とした抜本的な改革を強く支持してきた」と強調した。
関連ニュース
ツイッター、まもなく編集機能のテストを開始
SNSに毎日写真を投稿する行為がうつ病発症リスクを2倍に 研究で明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала