日本 「ロシア側の主張は全く受けられない」 露副首相のクリル諸島巡る発言に

© AP Photo / Shuji Kajiyama日本の松野官房長官
日本の松野官房長官 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
日本の松野官房長官は26日の記者会見で、ロシアのトルトネフ副首相がクリル諸島(日本側名称 : 北方四島)をロシアがあたかも「不法占拠」しているかのような日本側の声明に対して「ロシアはクリル諸島の領土の開発を進めることで応える」と表明したことについて、「ロシア側の主張は全く受けられない」と述べた。
ロシアの極東連邦管区大統領全権代表のユーリ・トルトネフ副首相は、クリル諸島をロシアがあたかも「不法占拠」しているかのような日本側の声明に対して、「ロシアはクリル諸島の領土の開発を進めることで応える」と表明した。
クリル諸島の島の一つ、ウルップ島 - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
露、日本の「不法占拠」声明にクリル開発で応える=トルトネフ副首相
これについて松野氏は26日の記者会見で「北方四島はわが国が主権を有する島々であり、わが国固有の領土だ。あたかも北方四島がロシアの領土となったかのようなロシア側の主張は全く受けられない」と述べた。
続けて松野氏は「また『ロシア法令』に基づくことを前提として、北方四島を含む地域の経済開発に関する『特恵制度』を導入することや、日本企業及び第三国企業にそのような経済開発への関与を広く呼びかけることは、北方四島に関する日本の立場や首脳間の合意に基づき日露間で議論してきた北方四島における共同経済活動の趣旨とは相いれない」と述べ、「このような日本側の立場については、これまでもロシア側に対して随時申し入れをしてきている」と指摘した。
関連ニュース
露日関係は冷戦時代よりも深刻な凍結状態にある=専門家
非友好国の日本と交渉を継続するのは難しい=露大統領報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала