チェルノブイリ原発事故から36年:悲劇について覚えておくべき重要なこと

© Sputnik / Igor Kostin / フォトバンクに移行チェルノブイリ原発事故
チェルノブイリ原発事故 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
今日、チェルノブイリ原子力発電所の事故から36年目を迎えた。原子力発電の歴史上、最大規模である同施設での事故により何百人もの命が奪われ、欧州の生態系に取り返しのつかない損害が与えられた。
1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所の第4号炉で事故が発生。同原子炉では2秒差で2回の爆発が発生している。建物の一部が倒壊し、大火災が発生した、大量の放射性物質が大気中に放出され、およそ840万人が放射線に被曝した。
こうした事故を防止するため、第4原子炉は特殊な「石棺」で覆われ、チェルノブイリ原子力発電所は操業を再開したが、その後、大火災から残り3基の原子炉も停止された。
多くの人が数年後に亡くなっていたため、事故の犠牲者の正確な数を特定することはできていない。概算では、この事故で約4000人が死亡している。
2016年12月の国連総会で、4月26日をチェルノブイリ原発事故国際デーとすることが宣言され、毎年この日、チェルノブイリ原発事故の悲劇に関する式典や展示会、講演が開催されている。
関連記事
事故から35年のチェルノブイリへ 「ゾーン」に200回超踏み入った彼女のストーリー
滑稽で悲しい チェルノブイリ事故処理作業者が当時のジョークについて語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала