住宅街の地下から700年前の船発見

© Sputnik / Vladimir Pesnya / フォトバンクに移行エストニアの首都タリン
エストニアの首都タリン - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
エストニア・タリン エストニアの首都タリンの住宅街で、約700年前のものとみられる中世の貿易船が地中1.5メートル下から発見された。英タブロイド紙「Daily Mail」が伝えている。
同紙の報道によると、見つかった船は1298年にハリヤピャ川(現在は存在しない)の河口で沈没したものとみられており、全長約24メートル、幅は約9メートルだという。専門家は、船体が船底から高さ最大3メートルにわたり良い状態で保存されていると評価している。
タイタニック号に乗っていた音楽家ウォレス・ハートレー氏が沈没直前まで演奏していたバイオリン。事故から10日後、ハートレー氏の遺体と一緒に回収された(写真:英北アイルランド、2013年9月16日) - Sputnik 日本, 1920, 15.04.2022
海底に沈んだ秘密 「タイタニック号」の遺品たち
船は丸太と板材で作られており、屋根はウールやタールで固められている。船内からは梱包材や仕事道具、中世の靴の断片なども見つかっている。
関連ニュース
人類史上最大の地震の痕跡見つかる
トワイライトゾーンで新種のクラゲが発見される 米国
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала