NASA、8つの惑星科学ミッションを延長 火星探査など

太陽系 - Sputnik 日本, 1920, 26.04.2022
米航空宇宙局(NASA)は、8つの惑星科学ミッションの延長を発表した。これらのミッションの科学的生産性と、太陽系や宇宙についての知識を得る高い可能性があることを受けて決まったという。
延長されたのは、火星探査機マーズ・オデッセイ、マーズ・リコネッサンス・オービター、メイヴン、火星探査車キュリオシティ、火星着陸探査機インサイト、月周回衛星ルナー・リコネサンス・オービター、小惑星ベンヌから地球へ帰還中のオシリス・レックス、冥王星の近くを通過して太陽系の外に向かって飛行を続けている探査機ニュー・ホライズンズの8つのミッション。
これらのミッションの多くは3年間延長されたが、オシリス・レックスは少なくとも9年間延長された。オシリス・レックスは小惑星ベンヌから地球へ帰還後、小惑星アポフィスを研究するための新たなミッションに取り組む。アポフィスは最近まで地球にとって潜在的に危険な小惑星と考えられていた。オシリスはアポフィスが2029年に地球に接近する時期を含め、アポフィスの周辺で18ヵ月にわたって探査活動を行う。
ミッションの延長は、学術界、産業界、NASAから選ばれた独立した専門家たちのグループによって検討された。火星と月の探査機は、直接的な科学的任務のほかに、現在および将来の着陸ミッションのための強力な中継局の役割を果たすことができる。
関連ニュース
イーロン・マスク氏、火星での生活について説明
中国 「第2の地球」発見目指し探査へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала